ホーム

slide1

心と体のブレーキを外して
もっと自由に

マクロビオティックライフを実践するには、
レシピを学ぶよりも、
心を変えるところから。
とても簡単にできる方法があります。
まずはぜひ、ご一読ください。

私のライフスタイルのベースはマクロビオティック です。

マクロビオティックは有名になるにつれ、
勘違いされることが増えました。

マクロビオティックには、
何をしちゃダメ!なんていう規則は一切なく、

「こういう風に考えたらいいんだよ」
「そうすると、心もからだも楽になるよ」という法則があるだけ。

砂糖や肉を食べたくて我慢ができない…
みんなと同じじゃないと不安になる…
テレビがないとツマラナイ…

そんなふうに何かに依存する生活から開放され、心もからだも自由になる。
それがマクロビオティックライフです。

 

You are what you eat !
という有名な格言がありますが、
私たちのからだは食べたもので作られています。

食べるが故に存在し、食べるが故に考え、食べるが故に行動します。
それ故に、私たちは食べるものを変えることで、心もからだも変わります。

しかし、なかなか実践できないという方々は、
その実感に進む前にやめてしまいます。

それはなぜなのでしょう?

食べたもので「からだが変わった」という実感は、
割と早く得られます。

しかし、「心が変わった」という実感は、
なかなか得ることが難しいものです。

それは、「マクロビオティックを実践したい」と思うのは『あなたの心』ですが、
「その気持ちにブレーキをかける」のもまた『あなたの心』だからなのです。

 

マクロビオティックが実践できないというのは、
心の仕組みを考えれば、アタリマエのことです。

あなたの心は、あなたにマクロビオティックの実践などして欲しくないのです!

え…?
私はこんなにもマクロビオティックを実践したいと思っているのに、
なぜそんな風に言うの?

そんなあなたの心を紐解き、
実践したいのにできていないあなたの心を認め、癒すことから始める…
マクロビオティックの導入にはそんなアプローチが必要とされているのです。

マクロビオティックの知識や考え方だけでは十分でない!
それが、何年にも亘って教室を運営してきた私の実感です。

心のOSをスムーズに転換し、
楽にマクロビオティックライフをはじめる。

無理なく心を変えていくマクロビオティック学習法で
あなたも生まれかわりませんか?

十月十日後には、
新しいあなたと出会えることでしょう。

 

心とからだが変わるために、食べ物を変えられるようになるために、
心にお手伝いしてもらう。
それが心ビオティックです。

cocoroflow

まずは心を変えることにアプローチすることで、
楽にマクロビオティックライフをスタートできるのです。

心のOSを、マクロビオティックのOSです。

 

心のOSとは、パソコンのOSと同じように、
あなたの心を動かすベースのシステムです。

あなたの常識・アタリマエと感じることがベースのシステムだと考えます。

アタリマエが違えば、いいと感じることも違う。

あなたとあなたのご両親がいいと感じることが違ったり、
あの友人とは価値観や常識が異なるという風に感じることもありますよね。

そんな風に考え方のベースとなるものを示します。

 

そのベースとなるOSを変えることが、
マクロビオティックの実践には重要なのです。

例えば、あなたのwindowsのパソコンに入っているソフトも、
OSが異なる(macなど)パソコンでは動きません。

パソコンで動くソフトも携帯では動かないでしょう。

マクロビオティックの実践に伴う各種理論や玄米を炊くという行為をソフトとして考えたときに、
今までのあなたの心のOS(アタリマエ・常識)が
そのソフトを受け入れられない可能性が高いと考えたら・・・?

心のOSの転換の必要性を認識していただけるでしょうか?

また、
心のOSはあなたが認識している領域よりも、
もっと深いところにあるものです。

「私はマクロビオティックがいいと思っているのだから、
心のOSはマクロビオティックになってるわよ!」
と思われるかもしれません。

しかし、心のOSとはベースとなっていることからもわかるように、
そんな簡単に変わるものでもありません。

 

あなたの常識・アタリマエは今までもそんなに簡単に変わるものでしたか?

心の領域は大きく分けて二つに分かれています。
意識できる顕在意識と、無意識と呼ばれる潜在意識の二つがあります。

99%を占めると言われる無意識の領域のOSが変わった時、
あなたの心はマクロビオティックの実践に向けてのブレーキを外し、
強くアクセルを踏んでくれることでしょう。

詳しいプログラムはこちらから

無料体験クラスもやっています!
ぜひ、お気軽に受けてみてくださいね。
「無料体験クラスへ」