プライバシーポリシー|すずきかなのココロビオティックプライバシーポリシー|すずきかなのココロビオティック

マクロビオティックについて

マクロビオティックとは

マクロビオティックについて マクロビオティックは、MACRO+ BIO+ TICという3つの言葉から成り立っています。

  • MACRO(マクロ)=「大きい・長い」
  • BIO(ビオ)=「生命」
  • TIC(ティック)=「術・学」

そのまま3つをつなげると、「長く生きるための方法・理論」という意味になります。
古代ギリシャ語で「自然に即した命のあり方」という意味で、
自然と調和をとりながら健康的な暮らしを実現するというとてもシンプルな考え方です。

マクロビオティックは、実は日本から発祥したものであり、伝統的な日本食がベースになっています。


マクロビオティックの原則

「身土不二(しんどふじ)」 → 暮らしている土地の旬のものをいただくこと

人間も植物も生まれた環境と一体であり、
からだ(身)と環境(土)は切り離せない(不二)という意味です。

温かい地域でとれる果物はからだを冷やし、寒い地域でとれる野菜はからだを温める働きがあります。
四季のある日本で人が健やかに暮らしていくためには、季節の旬の食材をいただくことが大切であり、
それによってからだのバランスをとることができるのです。


「一物全体(いちぶつぜんたい)」 → 一つのものを丸ごといただくこと

食材は、丸ごとでバランスがとれているという考え方です。
お米なら精米していない状態の玄米を食べ、野菜なら皮や種、葉などの丸ごと全てを一緒に食べるようにします。
食物を丸ごといただくためには、無農薬・無化学肥料で栽培された安全なものを選ぶことも大切です。


「陰陽調和(おんみょうちょうわ)」 → 東洋の伝統的な考え方

この世にあるすべてのものには「陰」と「陽」があるという世界観の考え方です。
食物に当てはめると、からだを温め、締めてくれる食材は「陽」、
からだを冷やし、緩めてくれる食材は「陰」になります。

マクロビオティックでは、この陰陽のバランスがとれている「中庸」の状態を理想としています。


マクロビオティックの主な内容

マクロビオティックでは、「無農薬・自然農法の穀物や野菜を中心とした食事」が基本になります。
野菜は原則として、その土地・その季節にとれるものを食べるのがベストです。

ごはんは玄米を主食に、お味噌汁、旬の野菜のおかずを添えていただきます。
肉類や大型の魚、卵、乳製品、白砂糖など、体に負担がかかるものはなるべく控えると良いでしょう。

食品の組み合わせや調理法を工夫しながら、ゆっくりと変化させていくことが長く続けるコツになります。
マクロビオティックライフを実践するには、心を変えることからはじめるのがおすすめです。

すずきかなのココロビオティックでは、
「すきま」や「ながら」に聴くだけでできるマクロビオティックの通信講座をご提案しております。

思考や生活などが何かしらに囚われ依存している生活から解放され、
心もからだも自由になることがマクロビオティックライフです。

また、今後は若石リフレクソロジーなどの通信講座も予定しております。
終了証の発行もしていますので、ココロビオティックの資格が欲しい!という方も、お気軽にご希望ください。