プライバシーポリシー|すずきかなのココロビオティックプライバシーポリシー|すずきかなのココロビオティック

アトピー性皮膚炎世代別の特徴と合併症について

近年、アトピー性皮膚炎に悩まされる方が増加傾向にあるといわれています。これは、私たちの生活内に増えてきた化学物質が、直接的または間接的に関わっているからだとされています。こちらでは、世代別にみるアトピー性皮膚炎の特徴とアトピー性皮膚炎による合併症について記載します。日々の生活を見直すきっかけになれば幸いです。

世代別にみるアトピー性皮膚炎の特徴

乳児期

皮膚に赤いブツブツができる病気が多い乳児期は、アトピー性皮膚炎とその他の湿疹を見極めるのが難しいです。判断基準として、家族にアトピー性皮膚炎で悩まされたことがある人がいる。湿疹が顔だけでなく、体や手足にも見られる。湿疹が消長を繰り返す。などが挙げられます。また、乳児期は頭から湿疹がはじまり、徐々に下降していく傾向があります。

幼児期

アトピー性皮膚炎世代別の特徴と合併症について 幼児期のアトピー性皮膚炎は、首周りや肘・膝の裏にできることが多い傾向にあります。幼児期のアトピー性皮膚炎からは様々な症状が見られます。耳の付け根が切れる症状である耳切れ、肌に魚の鱗が敷き詰められたような模様を症状とする魚鱗癬などです。
これらの症状は、適切な治療を行なうことで症状を抑えることが可能です。近年では、外用薬・内服薬だけでなく、アトピー自然療法や保湿剤による治療法もあります。

成人期

上半身にアトピー性皮膚炎が見られることが多いです。特徴として湿疹が左右対称に現れる傾向があります。成人期のアトピー性皮膚炎は、就職活動などにも影響を及ぼすこともありますので、早めの対処を心がける必要があります。

アトピー性皮膚炎による合併症

円形脱毛症

アトピー性皮膚炎は体全体に見られる症状のため、もちろん頭皮にも悪影響を与えます。この症状は、アトピー因子が頭皮に影響を及ぼしているからだと考えられています。それだけでなく、アトピー性皮膚炎によるストレスも原因とされています。アトピー性皮膚炎は治療薬も多いですが、できるだけ服薬は避けたいという方は、アトピー自然療法などを実践することをおすすめします。

白内障

アトピー性皮膚炎と白内障の関係性については、原因がはっきりと判明してはいません。伝えられるところによれば、アトピー性皮膚炎の治療に使用されるステロイドの副作用とされています。ステロイド自体は、痒みを抑える効果が大きいため、アトピー性皮膚炎による掻き傷に効果があります。ステロイドによる副作用を避けるためには、アトピー性皮膚炎を根本的に解決する必要があります。生活習慣や食生活を見直すことが重要といえるでしょう。