プライバシーポリシー|すずきかなのココロビオティックプライバシーポリシー|すずきかなのココロビオティック

健康の秘訣

人と地球に優しくあることの重要性が叫ばれている現代、オーガニックライフが注目されています。オーガニックライフでは、健康的な毎日を過ごすためには普段の食事を見直すことが重要であると考えられています。食事の際にはどのようなことを意識すべきなのかを紹介します。

楽しみながら食べる

食事中は体の五感をフル活用して楽しみながら食べるようにすることをおすすめします。旬の野菜の色を目で楽しみ、食欲をそそる香り、素材の味をじっくり味わいながら食事を楽しみましょう。健康のために食材の組み合わせやメニューについて考えることは大切なことですが、それに囚われてしまって食事を楽しめなくなってしまっては意味がありません。食事の時間を充実させるためには、料理に集中し周りの人との会話を楽しみながらよく噛んで食べることが大切です。

旬のものを食べる

最近は1年を通して何でも食べることができるようになっています。しかし、食材には季節に合った食効が存在しています。夏野菜であるきゅうりやトマト、スイカには熱くなった体を冷やす効果があります。ごぼうや小松菜、白菜など鍋料理によく使用される冬野菜には冷えた体を温める効果があるのです。その季節に採れる旬の食材は体にとって良い働きをします。できるだけ旬の食材を取り入れることが健康に繋がる食事となります。

土地のものを食べる

日本人と欧米人の体型が違うことから分かるように、私たちの体は食べたもので作られています。日本人が欧米人に比べて胴が長い理由は長い間、野菜や穀物を中心とした食事を摂っていたからです。野菜や穀物は肉よりも消化に時間がかかり、腸が長くある必要があるため日本人は胴長であると考えられています。

食生活が欧米化してまだそんなに時間が経っていません。そのため、日本人の体は欧米食に適応していると考えにくいのです。日本人に合うものは日本の土地で作られたものです。できるだけ、土地のものを取り入れた食事をするように心掛けましょう。